頭皮と髪のために優しいノンシリコンシャンプーを使いましょう!

ノンシリコンシャンプーが良い、シリコン入りシャンプーはダメ、ノンシリコンシャンプーでサラサラ、色々な意見が飛び交っているノンシリコンシャンプーですが、本当にノンシリコンシャンプーの良さってわかっていますか?

知ってますよ!シリコン入りだと毛穴に詰まって抜け毛や薄毛、ハゲの原因になったりとか、キューティクルに張り付いているからシリコンが剥がれる時に一緒にキューティクルも剥がしてしまうんでしょ!という意見が大多数をしめますが、本当にそれだけでノンシリコンシャンプーがいいと思っているのであれば、とても危険です。

例えばノンシリコンシャンプーです!という売り出しで販売されているシャンプーがあって、その裏面に記載されている成分の出だしが次のような場合はどうでしょうか。

水、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、・・・
このような成分構成で始まっているシャンプーがノンシリコンシャンプーとうたっている場合、良いシャンプーでしょうか。

簡単にいいますと最強の洗浄力と脱脂力、そして人体に対しての毒性もある洗浄剤で頭を洗っているということになります。お肌と髪にダメージを与えながら、頭の皮脂を必要以上に落として乾燥肌状態にしてなおかつダメージをうけてダメージ毛になった髪をコーティングするものも入っていないってシリコン入りシャンプーよりひどくないですか?

先ほどの成分構成はシリコン入りシャンプーにもよく見られる構成ですが、同じ成分構成でシリコンいりとノンシリコンとではシリコン入りのほうがマシだと思います。ノンシリコンシャンプーという今話題のワードにただただ反応して衝動買いしてしまってはダメです。

シリコンは全成分の1つの成分にすぎません。シリコン自体には毒性とかもないんですから、シリコンより体に良くない成分なんていっぱいありますし、そのような成分が配合されているシャンプーもそれこそいっぱいあります。

本当にシリコンが原因で髪が細くなってきたのでしょうか?シリコンが原因で髪がパサついてきたのでしょうか?シリコンが原因でコシがなくなったのでしょうか?おそらく原因は別にあると思います。

ノンシリコンシャンプーはオススメします。おすすめしますが、あくまでもお肌や髪に優しく、とても低刺激で優しく洗い上げてくれる成分構成になっていることが前提です。そのような成分構成であれば、ダメージを受けてぼろぼろになった髪を徐々に徐々に本来の美しい髪へと導いていってくれる。だからこそシリコンは必要がなくなるのです。
是非成分でシャンプー選びをしてください。

ブームに流されるのではなく、真に良い成分を使用したシャンプー選びが大切です!
良質なノンシリコンシャンプーをお探しならこちら⇒頭皮や髪に優しい!ノンシリコンシャンプーの通販ショップ