洗顔せっけんとニキビの関係とは

まず最初に言っておきたいことはまず洗顔せっけんでニキビ予防を謳うには
医薬部外品である必要があります。
そして医薬部外品であってもあくまでもその有効成分に認められた効果しか謳うことはできませんので、
有効成分がニキビ予防の効果があることが必要です。

なので、ニキビが気になっている人で洗顔せっけんを探している場合は
医薬部外品の洗顔せっけんを探す必要があります。
一般の化粧品で謳うこと許されているのは潤いを与えるや保湿する等で
ニキビに何かしらの作用を及ぼすことの記載は薬事法によって禁止されています。

ニキビ予防の効果がある有効成分としてはグリチルリチン酸ジカリウムがあります。
消炎効果がある成分でニキビ予防や肌荒れ防止といった効果があります。

個人的な意見としては、ニキビが気になる人はニキビが治まるまでの間は
医薬部外品の洗顔せっけんをしたほうがいいと思いますが、治まった後は、
通常の医薬部外品以外の洗顔せっけんに変更した方がいいと思います。

医薬品でもそうですが、ある症状に対して効果を発揮するものには
大抵副作用的なものも一緒につきまとうのが普通です。
その副作用も医薬部外品は医薬品ほどではないでしょうが、
できれば毎日使い続けるのは避けた方がいいような気がします。