洗顔せっけんのオーガニックについて

洗顔せっけんだけに限らず、昨今ではあらゆる化粧品においてオーガニックであることが良い化粧品であるという傾向があります。本当の意味でのオーガニックとはなんでしょうか。
オーガニックとは有機栽培という意味で、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法のことなんです。

そしてオーガニックにはJASという認定機関においては下記のような基準が設けられています。
○3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培
○化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない
○遺伝子組み換え原材料は使用しない
○放射線照射はしない
○合成添加物の使用制限 など

これが本来のオーガニックです。
ということはオーガニックの化粧品というのは本来は存在しません。

あくまでも海外でのオーガニック認定機関によってオーガニックの認定を得た原料を配合しているものを
オーガニック化粧品と呼んでいるだけなのです。

無添加とともにオーガニックという響きは良いものであるようにイメージさせてくれます。
しかしながら、オーガニックの洗顔せっけんといってもオーガニック認定を受けた植物原料だけで
作られている洗顔せっけん等ありませんから、あくまでもオーガニック認定を受けた原料も配合されている、
もしくはオーガニックのイメージを沸かすくらい植物成分をたくさん配合しているというのが実際です。
言葉の響きだけで良いものと思い込むのはよくないです。