アンナトゥモールで優しくスキンケア

お肌に優しいスキンケア化粧品といえばアンナトゥモールです。

このアンナトゥモールの化粧品は自然派の無添加化粧品です。

特徴としては防腐剤のパラベンを不使用でその代わりにローズマリー葉エキスを使用しているということです。

人気商品はシャンプーやUVベースクリームで

シャンプーは個人的に使用していますが、洗っていて気持ちのいいくらいの泡立ちです。

泡がとってもクリーミィーで使用感はバツグン!しかも洗い流したあともきしみません!

ノンシリコンシャンプーはどうしてもシリコン入りシャンプーに比べ仕上がりは劣ってしまうものですが、
このアンナトゥモールのシャンプーはシリコン入りシャンプーに負けないくらいのしっとり感が残ります。

UVベースクリームは紫外線吸収剤不使用でお肌をしっとり保湿しながらオールシーズンを通してお肌を紫外線から守ってくれます。

とにかくお肌にも環境にも優しい成分構成で作られていますので、
デリケートなお肌の方にも安心してお使い頂ける商品です。

化粧品は配合されている成分が全てです。どれだけお肌に刺激を与えないか、刺激を与えないようにしながらもお肌への潤いや保湿はしっかりとしてくれるのが良い化粧品といえますが、アンナトゥモールの化粧品はまさにピッタリな化粧品です。

とってもオススメですよ。

Posted in 肌に優しいオススメ化粧品 No Comments

ニキビ跡消すにはあせらずじっくりとケアに取り組むことが大切

何年もニキビに悩んでいるあなた!
ニキビができるサイクルを絶たなければなりません!

ではそもそもニキビってどうやってできるか知っていますか?
ニキビは古くなった角質などが毛穴に詰まり、毛穴から本来排出される皮脂が毛穴から出られずに毛穴の内部に溜まってしまうことによってできます。これが初期段階のニキビです。白ニキビともいわれているものです。その中でも毛穴の入り口の皮脂が酸化して黒くなったものを黒ニキビといいます。
この状態であれば、上手に皮脂だけを毛穴から出すことができるのであれば、出してあげることですぐに治ります。
くれぐれも無理に出そうとして傷つけないようにしてください。

そして、白ニキビの状態から皮脂を餌とするアクネ菌が大量に繁殖することで炎症が起こるのが赤ニキビとよばれるものです。こうなった場合は絶対に手で触ったりとかしないようにしてください。余計に悪化します。できればすぐに皮膚科にいって治療してもらうのがベストです。

さらにこれが悪化すると黄ニキビという状態になりますが、これは毛穴の内部に膿が溜まってしまった状態です。自分でどうにかしようとするよりすぐさま病院へいきましょう!
なぜ、そんなに慎重にならなければならないのかといいますと炎症を起こしたニキビではニキビが治ったとしてもニキビ跡が残る可能性が非常に高くなるからです。

このようにニキビができるサイクルと段階があるということですが、
皮脂の過剰分泌の要因は様々あります。
ただよくあるケースとして、ホルモンバランスの乱れ、生理、ストレス、食生活、生活習慣などと化粧品があっていないなどがあります。これらを解決しなければニキビのできるサイクルを止めることはできません。
食生活とかストレスとかは意識的に良くしたり発散したりできるように努めましょう!
そのうえでお肌を健やかな状態に導いてくれるニキビケア化粧品を使用します。
大切なことは潤いを閉じ込め、保湿をし、水分と油分のバランスを整えてくれるようなニキビケアを選ぶことです。

Posted in 知って得する美容情報 No Comments

ノンシリコンシャンプーの疑問を解決!

最近のシャンプーの販売ページはどこもウリが同じでおもしろくありません。
どの会社もノンシリコンシャンプーであることをアピールしています。
まぁブームになっているのでブームに乗らないと見向きもされないという市場の厳しさがあるのはわかりますが、
シリコンどうこうはシャンプーにはそれほど重要ではないのでさりげなく一応ノンシリコンだよ。くらいの表記でいいのにどこもかしこもアピールしているのでどこも同じシャンプーに思えてきます。

もっとシャンプーというものの本質をみませんか?
成分だけでいうと無害であるシリコンがそんなに重要ですか?
それよりもシリコンに頼らないといけないような品質であることのほうが問題じゃないですか?
頭皮と髪を優しく洗い上げて健やかな状態に保つことそれがシャンプーの役割です。
むしろ栄養はトリートメントやコンディショナーで与えるのが普通です。
シャンプーは健康的で美しい髪が生えてくるための土台である頭皮をきれいに保つのが仕事です。

そういったシャンプーの本質を見ずにして表面だけのアピールをしたところでしょうがありません。
そしてシャンプーの本質を知るならある程度成分知識を身に付ける必要があります。
簡単です。気になるシャンプーのシャンプー名と成分というキーワードで検索してください。
全成分を載せてあるサイトがあるはずです。そこで水の次から書かれている成分名をこれまたネットで検索する。この作業を30分から1時間してみてできれば載っていた成分に関する説明を保存しておいてください。そして暇があれば見る。それで別に覚えようとしなくてもだんだん頭にはいってきます。なぜならどこのシャンプーの同程度の品質のものであれば、同じような成分を使っているからです。何度も同じ成分を目にすると思います。
そうすれば、シャンプーを選ぶときに自分自身でこのシャンプーはこんなシャンプーだなとわかってきます。

Posted in 知って得する美容情報 No Comments

オールインワン化粧品で忙しい女性でもしっかりスキンケア

オールインワン化粧品に反対ですか?賛成ですか?
意見はわかれると思いますが、オールインワン化粧品だから手抜きというわけではありません。

オールインワンかそうでないかというよりも化粧品に大切なことは水です。
全ての化粧品において一番配合量の多いものって何かご存じですか?
それは水です。成分記載の一番初めに水って書かれていると思います。
水が一番多いわけです。
だからこそ配合量が多い水のお肌への影響は大きいのです。
たかが水ですが、されど水なのです。
水ってそれぞれ異なるものであるということの例としては
海外の水道水を飲めばお腹壊しますよね。でもそれも水です。日本の水道水も水です。温泉水も水ですし、井戸水も水です。
実際水に入っているミネラルの含有量なども採取場所などによって変わりますし、そもそも人間もその他の動物も地球でさえも大半が水によって成り立っているのです。
良い化粧品を作ろうとして行きつく先は水なのです。
だからオールインワン化粧品であろうがなかろうが、水にこだわっている化粧品というものは品質が高い化粧品が多いです。不思議な力を持った水。そんな水がもたらすスキンケア力はけっしてバカにできるものではありません。

オススメのオールインワンのラインナップはこちら⇒オールインワン化粧品の通販ショップ

Posted in 肌に優しいオススメ化粧品 No Comments

OrBS オーブスは敏感肌の女性にオススメです。

OrBSオーブスの商品を長年使ってみての使用感を挙げてみたいと思います。
OrBSオーブスの商品を知ったのは5年ほど前になりますが、たくさんある種類の半分くらいの商品は使ってみました。

ここの商品は使われている水に特徴があり、長野県の白馬の天然水を使用していて、特殊な製法でさらに水の分子を安定化させたものになっているそうです。

確認したわけではないので本当かどうかはわかりませんが、このOrBSオーブスの商品を勧めて下さった方にお聞きしたところ、ここの水は高密度安定純粋とよばれる非常に安定した水なので、遺伝子研究の現場などでも使われているそうです。

私はOrBSオーブスの商品の中で、特に化粧水、バスウォーター、ユーカリプタススプレーはお気に入りの商品です。化粧水は、「夢水肌」というシリーズで、敏感肌やアトピーの肌の方にも優しいものになっています。私も春や秋には毎年といっていいほど肌が敏感になって、風が当たったり汗をかいたりするだけでかゆくなってしまいます。

そういう時にこのOrBSオーブスの「夢水肌」を使用すると、しみることもなく水分がきちんと肌に補給されていっているような気がします。肌にのせた感じはほんとに「水!」という感じなので、本当にこれで潤うのかが不安でしたが、不思議なほど潤います。

ただ、ベタベタした感じにはならないので、しっとり感を好まれる方には少し物足りないかもしれません。でも、この「夢水肌」のスキンベースウォーターとパーフェクトエッセンスは、肌の状態が不安定な時にとても重宝します。

パーフェクトエッセンスはオーストラリア産のオーガニックユーカリ油が入っているので、手に取った瞬間にほんのりとユーカリのさわやかな香りがします。そのユーカリの香りもきつくなく気に入っています。

同じユーカリ油を使った除菌・消臭用のユーカリぷタススプレーも、ペットを飼っている家やお子さんがいる家には安心して使えるもので、除菌効果も抜群です。

Posted in 肌に優しいオススメ化粧品 No Comments

オーガニック化粧品をお探しならLOGONA ロゴナ

LOGONA ロゴナはオススメのブランドです。
なぜオススメのブランドかといいますと低刺激・お肌に優しい・オーガニック・無添加を謳った化粧品というものは数多く存在しますが、成分を見て確かにそう通りだと思うことができる製品は限られています。

LOGONA ロゴナはきちんとブランドコンセプトに基づいて製品開発をおこなっている信用できるブランドです。LOGONA ロゴナのブランドコンセプトは人と自然にやさしい製品づくりです。良くあるといえば良くあるコンセプトですが、きっちりそれを商品に詰め込むことができている会社というのは実はあまり多くありません。

基本的な化粧品の品質の評価基準をいいますと、例えば美容効果が知られている成分でコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸、リピジュア、ペリセア、プラセンタこれらをプラス評価のものとして、1個1点だとしましょう。仮にこれらがすべて入っていたとして、6点です。

しかしラウリル硫酸ナトリウムが入っていれば-10点、ラウレス硫酸ナトリウム-8点、安息香酸ナトリウム-3点、プロピレングリコール-3点、パラベン-3点という感じのイメージです。なぜなら特に洗浄成分というのはシャンプーやボディソープなどには水の次くらいに多く入っています。
だから影響力も大きいのです。

美容成分は原価が高いのでそれほど量が入っていることはめったにありません。あえて配合量にこだわっている商品もありますが、多くの場合洗浄成分のほうが多いのが普通です。いい成分がたくさん入っていても悪いものがたくさん入っていればせっかくの製品が台無しです。

LOGONA ロゴナはオーガニック認証を受けた成分も配合されていたり、洗浄成分などが低刺激でやさしいものを使用している高品質で本物志向の商品ブランドです。ちなみにLOGONA ロゴナのシャンプーはどれもノンシリコンシャンプーですよ。

Posted in 肌に優しいオススメ化粧品 No Comments

頭皮と髪のために優しいノンシリコンシャンプーを使いましょう!

ノンシリコンシャンプーが良い、シリコン入りシャンプーはダメ、ノンシリコンシャンプーでサラサラ、色々な意見が飛び交っているノンシリコンシャンプーですが、本当にノンシリコンシャンプーの良さってわかっていますか?

知ってますよ!シリコン入りだと毛穴に詰まって抜け毛や薄毛、ハゲの原因になったりとか、キューティクルに張り付いているからシリコンが剥がれる時に一緒にキューティクルも剥がしてしまうんでしょ!という意見が大多数をしめますが、本当にそれだけでノンシリコンシャンプーがいいと思っているのであれば、とても危険です。

例えばノンシリコンシャンプーです!という売り出しで販売されているシャンプーがあって、その裏面に記載されている成分の出だしが次のような場合はどうでしょうか。

水、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、・・・
このような成分構成で始まっているシャンプーがノンシリコンシャンプーとうたっている場合、良いシャンプーでしょうか。

簡単にいいますと最強の洗浄力と脱脂力、そして人体に対しての毒性もある洗浄剤で頭を洗っているということになります。お肌と髪にダメージを与えながら、頭の皮脂を必要以上に落として乾燥肌状態にしてなおかつダメージをうけてダメージ毛になった髪をコーティングするものも入っていないってシリコン入りシャンプーよりひどくないですか?

先ほどの成分構成はシリコン入りシャンプーにもよく見られる構成ですが、同じ成分構成でシリコンいりとノンシリコンとではシリコン入りのほうがマシだと思います。ノンシリコンシャンプーという今話題のワードにただただ反応して衝動買いしてしまってはダメです。

シリコンは全成分の1つの成分にすぎません。シリコン自体には毒性とかもないんですから、シリコンより体に良くない成分なんていっぱいありますし、そのような成分が配合されているシャンプーもそれこそいっぱいあります。

本当にシリコンが原因で髪が細くなってきたのでしょうか?シリコンが原因で髪がパサついてきたのでしょうか?シリコンが原因でコシがなくなったのでしょうか?おそらく原因は別にあると思います。

ノンシリコンシャンプーはオススメします。おすすめしますが、あくまでもお肌や髪に優しく、とても低刺激で優しく洗い上げてくれる成分構成になっていることが前提です。そのような成分構成であれば、ダメージを受けてぼろぼろになった髪を徐々に徐々に本来の美しい髪へと導いていってくれる。だからこそシリコンは必要がなくなるのです。
是非成分でシャンプー選びをしてください。

ブームに流されるのではなく、真に良い成分を使用したシャンプー選びが大切です!
良質なノンシリコンシャンプーをお探しならこちら⇒頭皮や髪に優しい!ノンシリコンシャンプーの通販ショップ

Posted in 肌に優しいオススメ化粧品 No Comments

お肌本来の美しさを取り戻すための洗顔

皆様毎日洗顔していますか?女性のかたであればメイクを落とすためにクレンジングをしたあと洗顔もする方がほとんどだと思いますが、男性も洗顔はしなければいけませんよ。特に男性は皮脂の分泌が多いのですから、洗顔によって余分な皮脂を落とす!これは非常に大切なことです。
洗顔によって余分な皮脂と表現したのには理由があります。余分な皮脂は落とした方がいいですが、もともと人体にはある程度最低限の皮脂は必要なのです。その為必要以上に皮脂を落としてしまうことはお肌の乾燥や乾燥したお肌を潤そうとして皮脂が過剰分泌されることになったりします。お肌にとって必要な皮脂は残す必要があるのですね。

洗顔の際には洗顔せっけんか洗顔ソープどちらをお使いになられますか?どちらであっても問題はございませんが、洗顔の際には泡立ちが重要になります。もっこもこでもっちもちのきめ細かい泡を作りだすこと。もちろん泡立てネットを使用したほうがよく泡立つと思いますので、泡立てネットを使用してでももこもこになるまで泡立てましょう。
そして充分に泡立った泡をお顔全体に伸ばすようにつけていきます。

けっして指でごしごし顔をこすってはいけません。お肌はデリケートなので、こすると傷つきます。
こすったからといって毛穴の奥の皮脂汚れが落ちるわけではありません。泡の上からマッサージするかのようにやさしく顔全体を泡でこすってください。あくまでも指ではなく泡でこするのです。泡というクッションでもあり汚れを落としてくれる洗浄材を有効活用して汚れを落としてあげてください。

また、皮脂汚れを過剰に落とさないようにラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Na等の洗浄成分が入った洗顔せっけん等はお使いにならないでください。洗浄力が強すぎるため過剰に皮脂を除去する原因となりかねません。

Posted in 肌に優しいオススメ化粧品 No Comments

洗顔せっけんの赤ちゃん用とは

洗顔石鹸の赤ちゃん向けとはどのようなものでしょうか。
いわゆるベビーソープです。
ベビーソープの場合、洗顔や、シャンプー、ボディソープ等のような区別をしないのが通常です。

基本的に生まれたばかりの赤ちゃんは世の大人の女性があこがれるもの全てを備えています。
赤ちゃん肌やサラサラでしっとりした髪の毛。

これらは生まれてから死ぬまで加齢とともに徐々に失われていくものです。
しかしながら、そうはさせまいと50歳だけど40歳に見られたいという女性のプライドをかけて
高級な美容液やエステ等にお金をかけて取り戻そうとします。

だから、大人の女性向けの化粧品には高級な美容成分が必須です。
用途が異なるのです。大人の女性は若く見られたい、今の若さを維持したいという目的のために商品を買います。
しかし、赤ちゃんの場合いつも清潔でいればいいのです。
もちもちの赤ちゃん肌やキレイなさらしとの髪は持っています。

なので、赤ちゃん向けのベビーソープには高級な美容成分はいらないのです。
余分なものを排除するのが赤ちゃんにとって良いものと言えると思います。

では石けん素地と水でできたシンプルないわゆる純石鹸が赤ちゃんにベストなのかというと
そうともいいきれません。なぜなら石けんはアルカリ性の性質をもち、
弱酸性である人の肌には低刺激であるとはいえないからです。
よく大人の方でも洗顔等するとさっぱりしますが、つっぱったような感じがすると思います。
これはアルカリ性のものを使った時におきます。
弱酸性のものを使用した際は逆に落としきれていないような残った感じがすると思います。

アルカリ性だからダメとかではありません。
弱酸性だからいいというわけでもありません。

PHだけでなく成分自体の人の肌への影響も確認することが大切です。
そして、近年増加傾向にあるアトピーの子供たち、
アトピーの子は肌が乾燥しやすく、ある程度保湿してあげるほうがいいでしょう。
その為人の肌の構成成分であるセラミドやヒアルロン酸等の保湿成分が
人の肌に受け入れられやすくアトピーの子にもおすすめです。

まとめますと、余分な高級美容成分が入っておらず、セラミドやヒアルロン酸等最低限の保湿成分を配合した
人の肌へ低刺激で優しく毒性のない成分で構成されたベビーソープ。
これが赤ちゃんにとっての最適なベビーソープではないでしょうか。

Posted in 知って得する美容情報 No Comments

洗顔せっけんと石ケン素地について

洗顔せっけんの全成分には石ケン素地やカリ石鹸と記載されている場合があります。
この「石ケン素地」や「カリ石鹸」とは一体何なのでしょうか。

まず石けんとは油に含まれている脂肪酸と水酸化ナトリウムもしくは水酸化カリウムを反応させるとできる生成物です。
そして、石ケン素地とは脂肪酸と水酸化ナトリウムあるいは水酸化カリウムを混ぜて化学反応させたもののことを呼びます。
カリ石鹸とはこの中の脂肪酸と水酸化カリウムを混ぜて反応させた場合のものを呼びます。

基本的に石鹸とはこの2種類の方法で作られたものを石鹸と呼びます。

また、成分名で例えば、「ヤシ油脂肪酸ナトリウム」と記載されていた場合は、
ヤシ油を精製して得られた脂肪酸に水酸化ナトリウムを混ぜ合わせて反応させてできた成分ということです。

石けん素地と書かれている場合もあれば、「脂肪酸名」+「Na(ナトリウム)」もしくは「K(カリウム)」で表示されていることもあります。脂肪酸名の例としては、「オレイン酸」「ラウリン酸」「ヤシ脂肪酸」「ミリスチン酸」「パルミチン酸」等があります。
そして、ラウリン酸、ミリスチン酸、水酸化Naのように原料脂肪酸名と水酸化Na又は水酸化Kと書かれていることもあります。

Posted in 知って得する美容情報 No Comments