洗顔せっけんとニキビの関係とは

まず最初に言っておきたいことはまず洗顔せっけんでニキビ予防を謳うには
医薬部外品である必要があります。
そして医薬部外品であってもあくまでもその有効成分に認められた効果しか謳うことはできませんので、
有効成分がニキビ予防の効果があることが必要です。

なので、ニキビが気になっている人で洗顔せっけんを探している場合は
医薬部外品の洗顔せっけんを探す必要があります。
一般の化粧品で謳うこと許されているのは潤いを与えるや保湿する等で
ニキビに何かしらの作用を及ぼすことの記載は薬事法によって禁止されています。

ニキビ予防の効果がある有効成分としてはグリチルリチン酸ジカリウムがあります。
消炎効果がある成分でニキビ予防や肌荒れ防止といった効果があります。

個人的な意見としては、ニキビが気になる人はニキビが治まるまでの間は
医薬部外品の洗顔せっけんをしたほうがいいと思いますが、治まった後は、
通常の医薬部外品以外の洗顔せっけんに変更した方がいいと思います。

医薬品でもそうですが、ある症状に対して効果を発揮するものには
大抵副作用的なものも一緒につきまとうのが普通です。
その副作用も医薬部外品は医薬品ほどではないでしょうが、
できれば毎日使い続けるのは避けた方がいいような気がします。

Posted in 知って得する美容情報 No Comments

洗顔せっけんのオーガニックについて

洗顔せっけんだけに限らず、昨今ではあらゆる化粧品においてオーガニックであることが良い化粧品であるという傾向があります。本当の意味でのオーガニックとはなんでしょうか。
オーガニックとは有機栽培という意味で、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法のことなんです。

そしてオーガニックにはJASという認定機関においては下記のような基準が設けられています。
○3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培
○化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない
○遺伝子組み換え原材料は使用しない
○放射線照射はしない
○合成添加物の使用制限 など

これが本来のオーガニックです。
ということはオーガニックの化粧品というのは本来は存在しません。

あくまでも海外でのオーガニック認定機関によってオーガニックの認定を得た原料を配合しているものを
オーガニック化粧品と呼んでいるだけなのです。

無添加とともにオーガニックという響きは良いものであるようにイメージさせてくれます。
しかしながら、オーガニックの洗顔せっけんといってもオーガニック認定を受けた植物原料だけで
作られている洗顔せっけん等ありませんから、あくまでもオーガニック認定を受けた原料も配合されている、
もしくはオーガニックのイメージを沸かすくらい植物成分をたくさん配合しているというのが実際です。
言葉の響きだけで良いものと思い込むのはよくないです。

Posted in 知って得する美容情報 No Comments

洗顔せっけんの無添加について

洗顔せっけんの商品紹介ページによく見られる無添加という言葉
言葉のとおり添加して無いという意味ですね。
よく無添加化粧品という言葉も耳にしますし、とても体に良さそうなイメージがありますね。
ただし、無添加を謳う化粧品を検討するときには「何」が無添加なのかをきちんと確認してください。
洗顔せっけんのおける無添加も何が無添加なのかが重要です。

無添加化粧品の場合は通常旧表示指定成分が無添加の化粧品をそう呼ぶことが一般的です。
ただ、もちろん何を無添加にするかはメーカーさんの自由なので、
旧表示指定成分が入っていても合成着色料が無添加であれば無添加なのです。
最近の洗顔せっけんも特徴としてよく○○○、○○○、○○○、○○○、○○○が無添加です。と書かれていることが多いです。
そこによく挙げられるのが「パラベン」「合成着色料」「合成界面活性剤」「旧表示指定成分」そして問題を起こした
「加水分解コムギ」が無添加というのが多いです。

合成というのも一般的に悪いイメージがありますが、合成のものが全て悪いものではありません。
自然のものにも悪いものはもちろん存在します。

そして、こういった何々が無添加という記載を見たときはそこに載っていないものを探してください。
メーカーとしてももちろん良いものはアピールしたいですが、悪いものはアピールしません。
だから良い部分だけに目がいきそうですが、配合成分全体に注目する必要があります。
安易に無添加という言葉だけで安心だとは思わないでほしいと思います。

Posted in 知って得する美容情報 No Comments

洗顔せっけんの泡立つ仕組み

洗顔せっけんはなぜ泡立つのでしょうか。
これには界面活性剤という成分の働きが関係しています。
水には表面張力があり水単体で泡を作ってもすぐに割れてしまいます。
水と界面活性剤を混ぜると界面活性剤が水の表面張力を弱くし、
泡の膜に界面活性剤が並んで膜を強くすることによって泡ができます。

そして、表面張力が弱まった水は水滴よりも膜になりやすく、
泡立ちやすくなります。

そして、この界面活性剤は石鹸だけでなく、だれもが使う日常品に良く使われています。
シャンプーやボディソープ、キッチン洗剤、洗濯洗剤等です。
本来油を水で洗っても油は水をはじく性質があるため水で油は落とせません。
それでも、お皿についた油汚れが落とせるのは洗剤の中に入っている界面活性剤という成分の働きなのです。
シャンプーして頭皮の脂汚れが落ちるのも洗顔して顔の皮脂が落ちるのも、衣類に付いた油汚れが落ちるのも
すべて界面活性剤の作用によるものです。
界面活性剤という名前だけ聞くといかにも人工的に作られた化学品で悪そうな感じがしますが、
そんなことはありません。この成分がないと洗剤やシャンプーやせっけんは作れません。

ただし界面活性剤といっても実際の成分でいうとたくさん種類があります。
脱脂力の強い界面活性剤や適度に脱脂してくれる界面活性剤等様々です。

Posted in 知って得する美容情報 No Comments

洗顔せっけんの泡立ちの重要さ

洗顔せっけんを選ぶ際のポイントの一つとして泡立ちの良さが挙げられるのではないでしょうか。
なぜならCMで一時ガンガンに流れていた某有名洗顔せっけんはそのもっちりとした泡を全面にアピールしていました。
手のひらを下に向けても落ちない程のもちもち感!
そして、洗顔せっけんを使用する時のポイントが手のひらで顔をこするのではなく、
このもこもこに膨らませた泡で顔をなでるようにマッサージをするかのように洗うのが洗顔のコツなのです。

もちろんもこもこに泡立てるには泡立てネットを使用する必要があります。
手だけでこすってもそこまでモコモコにはなりません。
泡立てネットは洗顔石鹸には必須なのです!

そしてその泡立ちの良い洗顔せっけんというのが
近頃たくさん発売されてきています。
元々は茶のしずく石鹸が火付け役でしょう。
それ以来茶を使った洗顔石鹸がどんどん増えていき、
その後茶ではなく独自のオリジナリティのある成分をウリにした洗顔せっけんが発売されていき、
そのどの洗顔せっけんも泡立ちの良さをアピールしています。
肌はとてもデリケートなので手で直接こすってしまうとすぐに傷付いてしまいます。
その為泡で洗ってあげるということはとても大切なことなのです。
先ほども申しましたとおり、最近の洗顔せっけんはどれも泡立ちの良さだけは共通で
ウリにしていることがほとんどなので問題ありませんが、
ちゃんと泡立てネットも一緒に購入してもちもちの泡を作って洗顔することをオススメします。

Posted in 知って得する美容情報 No Comments